ブラックを消したいが…

ブラックリストに載ってしまうと、今後日頃から利用している金融業者から追加の借り入れを出来なくなるだけではなく、他の金融業者からの信頼も無くなってお金を借りることが困難になってきます。

 

そんなときに思うのが「ブラックリストから自分の情報が消えたらな?」ということですよね。

 

正直な話一番なのは一回も事故を起こさずにブラックリストに載らないようにすることなのですが、なってしまったことは仕方ありません。

自分で消すことはできないが…

結論から言うとブラックリストから自分の情報を消す方法?はちゃんとあります。但し、すぐには消えるかというとそれはほぼ無理だと言えますが・・・。

 

というのも、私たちの信用情報は国が指定する個人信用情報機関によって管理されています。個人情報機関は「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」の三つがあり、それぞれで共有しています。

一定期間で消える

そしてその個人情報機関で管理されている私たちの信用情報の中でブラックとされる事故情報は一度作られてしまって永遠に残るというわけではないのです。

 

全国銀行個人信用情報センターなら延滞:5年、代位弁済:5年、任意整理:5年、自己破産:10年、CICなら延滞:5年、任意整理:5年、自己破産:7年、日本信用情報機構なら延滞:1年、任意整理:5年、自己破産:5年、強制解約:5年です。

 

これを過ぎるとブラックリストからは消えたといってもいいのです。